結婚祝いをいただいたら|お返しにはお菓子や高級タオルも人気

花

葬儀会社が用意してくれる

香典返し

葬儀のタイプに応じて

葬儀の参列者には香典返しをお渡しするのは、地域や地方にかかわらずごく一般的な慣習です。最近は家族葬や直葬などのいわゆるシンプル葬が増えているので参列する予定の人も遺族側の血縁者も注意が必要です。葬儀を執り仕切ってもらう葬儀会社の人にあらかじめ遺族側が伝える必要があります。その内容は訃報の告知の文章に日時と個人の名前と喪主の名前を記載し、葬儀会場を記載する周辺にお願いのような感じで記載します。何も記載しない状態だと問い合わせの電話連絡が入ったり予定人数よりも多く参列者がこられる事があるので、参列をご遠慮していただきたい旨の一文をつける必要があるのです。シンプル葬の中でもごくごく少ない人数で葬儀を執り行う場合は若干の参列者を予定しますが家族葬や直葬の場合は血縁者意外の参列者を予定する事は無いので香典返しについては考えないケースがほとんどです。

香典返しによくつかわれる品

もし参列された方がいたり、弔電を打って下さった方がいた場合は香典返しの品を考える必要があります。葬儀会社の提案しているコースによっては参列者の人数と金額に応じて香典返しの品がパックになっている物もあります。地域によってはその場所の慣習で現金でのお返しや、定まった品をお渡しする事で香典返しとするという事もあるので町内会の人や、近所の人、葬儀会社に聞いてみてもよいでしょう。どうしても葬儀会社のプランなどで用意する事が出来なかった場合は百貨店で品物だけの対応という事も出来ます。この場合は運びこむのは親族や知り合いの人の手助けを借りる事になります。ごく一般的には香典の半額程度と言われていますが、最近は金額が上下する事が多いので千円から二千円までの品を選ぶ事が多いです。品物は日常生活で使い切る消耗品、日本茶やお酒、海苔が一般的に使われます。百貨店では法事用の放送と袋も用意されていますし、時期に余裕があれば独自のサービスも聞く事ができます。お清めの塩と現金の組み合わせの地域の場合は平均して千円程度ですが、封筒に入っていると気づかず無くしてしまったり捨ててしまったりするので渡す時に工夫が必要です。

Copyright © 2017 結婚祝いをいただいたら|お返しにはお菓子や高級タオルも人気 All Rights Reserved.